犬の健康的なダイエットとは筋肉は落とさないこと

犬の体重を落として、スリムな体になれれば犬のダイエットがうまくいっているとは言い切れません。

筋肉を減らさず、脂肪は減らして、ボディバランスを整え直すことができれば、健康にいい犬のダイエットになるでしょう。

内臓脂肪が多いと、悪玉ホルモンの活動が活発になると言われています。

そのため、血圧や、血糖が高くなりすぎることがあります。

そのため、犬のダイエットでは脂肪を減らすことが重要になります。

犬の体重が落ちるという場合、体脂肪だけが減っているとは限りません。

骨密度の低下や、筋力減少も、犬の体重の減少に関わっています。

筋肉量は減らさずに、脂肪が減るような犬のダイエットができれば健康的に痩せることが可能ですが、具体的には何をするといいでしょう。

カロリー制限をしすぎると、生命維持や活動に使いたいエネルギーが足りなくなるので、足りない分は筋肉を代謝してエネルギーにします。

基礎代謝は、筋肉が減ると少なくなりますので、筋肉が足りない身体は、犬のダイエット効率が悪くなってしまいます。

筋肉は、適度な運動によって維持されています。

運動不足な生活を送っていると筋肉が足りなくなりますので、要注意です。

無理な運動をする必要はなく、運動習慣がなかった方は、散歩のような軽い運動から始めてみましょう。

散歩の速度が遅すぎると運動効果がありませんので、ちょっと早めに歩くようにするといいでしょう。

代謝を高め、体を引き締めるために必要な筋肉は全身にバランス良くつけて、脂肪は積極的に燃やすことが犬のダイエットでは大事です。


体を引き締めるために必要な筋肉のためにドッグフードジプシーならずに、国産でグレインフリーを目指せばいい