いますぐ肥満を改善する必要がある理由

肥満を改善することは、外見をよりよいものにするだけでなく、健康維持の観点からも大切です・

肥満は健康によくないから改善をしましょうと言われると、だれしも好きこのんで太っているわけじゃないと思う人もいるでしょう・

肥満になる人の中には、本人の行動以外の要因が関わっていることがあります・

生後間もなくと、第二次性徴のころに、体重がどのくらい増えたかで、肥満細胞の増え具合が変わります・

肥満になるほど食べてしまって、必要以上に摂取エネルギーが多い状態が続くと、体内の脂肪細胞が増えしまいます・

幼少期の話でも、肥満細胞がたくさんつくられていると、以後肥満になりやすくなります・

肥満細胞が多いと、運動や食事の改善などを頑張っても、他の人ほど体脂肪量を減らすことができません・

全く効果がないわけではないので、肥満細胞が多い人でも、食事の見直しや運動が推奨されます・

肥満の状態を放置しておくと、糖尿病や動脈硬化など命にかかわるような重い病気の原因になる可能性があるので注意しましょう・

血糖値が高くなると、毛細血管が詰まりやすくなって失明リスクや腎機能の低下なども招くこともあるといいます・

動脈硬化の可能性が高くなると、脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な症状が現れることもあります・

死なないまでも麻痺で動けなくなるとか、言葉が話せなくなるなど、重大な障害が残る可能性があります・

現在は特に不都合を感じていないという人でも、今後も健康であり続けるためには肥満改善が重要になります・